AirReceiverの使い方を画像付きで解説。これでFire Tv StickでiPhoneのミラーリングが可能になる

AirReceiverの使い方を画像付きで解説。これでFire Tv StickでiPhoneのミラーリングが可能になる

 

『AirReceiver』を使う方法1、Amazonで購入

まずは、AirReceiverをAmazonで購入します。

有料ですが
買い切りで¥305です。

Amzonより

AirReceiver

¥305

『AirReceiver』を使う方法2 アプリのインストール

AirReceiverをFire TV Stickに入れます。
Fire TV Stick単体で行う方法はこちら
パソコンやスマートフォンで行う方法はこちら。

Fire TV Stick単体で、AirReceiverをFire TV Stickに入れる方法

  1. Fire TV Stickの『検索』を開く
  2. 『AirReceiver』と入力して検索← すべて打たなくても、予測候補で出てきます。
  3. アプリとゲームの検索結果欄に『AirReceiver』アプリが出てきます。
    決定を押す
  4. 『¥305 または305 Amazonコイン』と書かれた左横のカートのマークを押す
  5. 『ゲームコントローラーまたはマウスは検出されません』と表示が出る
    『無視してアプリを購入』を選択
  6. 購入ボタンを押す

パソコン、スマホ、タブレット端末で、AirReceiverをFire TV Stickに入れる方法

  1. ブラウザでAmazonを開く
    ※スマホやタブレットの場合は
    パソコン用のページを開く必要があります。

    ※アプリではできません。


    ↓パソコン用のページを開く方法↓
  2. 商品検索で『AirReceiver』と検索
  3. 検索結果に出できた『AirReceiver』をクリック/タップ
    作者が龙方儿様のものです。

  4. 購入
  5. 商品ページもしくは、アプリライブラリーと端末の管理で
    インストールするFire TV Stickを選択

    ↓アプリライブラリーと端末の管理で行う場合はこの記事を参考にしてください。↓

  6. Fire TV Stickを起動するか
    Fire TV Stickの画面で表示されているアプリのアイコンを押すと
    インストールされます。

『AirReceiver』を使う方法3 Fire Tv StickにApple端末で接続(airplayでミラーリング)

『AirReceiver』を使ってAppleの端末をFire Tv Stickに映す方法は

  1. アプリを開く
  2. AirPlayにチェックマーク
  3. Apple端末からミラーリングを開く
    Fire TV Stickを選択

です。
縦でも、横でも表示できます。

AirReceiverおすすめの使い方

『AirReceiver』おすすめの使い方のご紹介です。

出力先のFire Tv Stickにわかりやすい名前をつける

airplayの出力先の項目には
『AirReceiver』の初期設定状態での名前が表示されています。

今いる環境に『AirReceiver』が入っているFire Tv Stickが2台あった場合
同じ名前だと
接続先がわからず、ややこしくなりますよね。

それを防ぐために端末ごとに任意の名前をつけましょう。

方法は

  1. AirReceiverを開く
  2. 『Device Name』項目を開く
  3. 任意の名前を入力

以上で設定ができます。

ちなみにFire Tv Stickで文字を入力する際は
中央の丸いところで上下左右に動かせばできます。

AirReceiverでPINコードを使う

airplayは端末とミラーリング先を同じWi-Fiに繋いでいると利用できるサービスです。

そのためあなたの家のWi-Fiを知っている人なら誰でも
あなたの映像機器に、端末の画面を映し出すことが可能となっています。

これを防止するため『AirReceiver』ではPINコード(パスワード)を設定しましょう。

設定方法は

  1. AirReceiverを開く
  2. 『AirPlay security』項目を開く
  3. Passwordにチェック
  4. アプリトップに戻り『AirPay Password』項目を開く
  5. パスワードを入力

これを行う事で、AirReceiverにairplayで接続した際に
IOS端末側にPINコードの入力がもとめられ
ほかの人があなた家の映像機器に
映像を映すことはできなくなります。

AirReceiverの映像ラグについて

最後に映像のラグについて
無線で映像機器に映像を映す際に気になるのが「ラグ」だと思います。

グラフィックに負荷をかけるゲームだと
『AirReceiver』は画面か固まったり、ラグがでたりします。

グラフィック負荷が高いゲームで利用したい方は
ケーブルで繋ぐ方法をおすすめします。

おすすめのケーブル

それ以外の文章や資料作成のためにサブディスプレイとして使う分には
ラグもなく快適でした。

Macと接続

iPhoneと接続

まとめ

以上がAirReceiverの使い方でした。

皆様のお役に立てたら幸いです。

記載されている情報はすべて記事作成時2019/12/03時点のもの