UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」はおトク。だけど家族割に注意

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」はおトク。だけど家族割に注意

スマホプランとの違いは?

「くりこしプラン」と「スマホプラン」は内容がほぼ一緒で、それぞれの違いがわかりづらくなっています。

しかし、2つのプランの大きな違いは、「データ容量」「料金」、そして「割引」の3つだけです。

データ容量が多い

プランSを除き、「くりこしプラン」は「スマホプラン」よりもデータ容量が多くなっています。

  • くりこしプランMが、スマホプランRよりも5GB、プランMよりも6GB
  • くりこしプランLがマホプランLよりも11GB

多い。

また、現在UQモバイルではスマホプラン向けに「データ増量キャンペーン」を行っていますが、それでもスマホプランより3~8GB多いです。

くりこしプランSを除く

ただし注意点として、2021年4月ご利用分までは、自身で500GB×10回(5GB)のチャージが必要です。(※1)チャージを行わないと、くりこしプランMでは10GB、プランLでは20GBしか利用ができなくなります。

1500GB×10=5GB分の5,500円が月額料金から割引される。チャージ方法は、UQ mobileポータルアプリから

料金が安い

「くりこしプラン」は、「スマホプラン」に比べて料金が、全プラン500円安いです。1回線だけの契約でも、スマホプランの家族割が適用されたときと同じ金額になります。

また、すべての回線を「くりこしプラン」に変えることで、家族全員分の料金を今よりも抑えるといったこともできます。

学割を除く


割引が適当されない

「くりこしプラン」には、割引がありません。そのため、現在「UQ家族割」「ギガMAX月割」などの割引を受けている方が「くりこしプラン」に変更した場合、割引は終了します。これは、マンスリー割、スマトク割、長期利用割引、継続利用割引なども同じです。

「くりこしプラン」の注意点

「くりこしプラン」はオトクで魅力的ですが、注意点もあります。

「くりこしプラン」に変更すると他のプランには変更できない。

一度、「くりこしプラン」に変更すると、「スマホプラン」「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」、「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」には変更できなくなります。

他の回線の家族割にも影響がある

主回線を「くりこしプラン」に変更すると、他の回線にも「家族割」が適用されなくなります。そのため、現在家族割を利用している方はすべての回線を「くりこしプラン」に変更するほうがオトクです。(※2)

1回線目をくりこしプランに変更した場合の例

割引が適当されない

「スマホプランとの違いは?」でも書きましたが、自身の割引も適用されなくなるため、家族割、ギガMAX月割、マンスリー割、スマトク割、長期利用割引、継続利用割引など、割引を受けている方は注意してください。

2一部例外あり、学割などほかの割引を利用していない場合

くりこしプランの詳細

くりこしプランの詳しい内容です。

月のデータ容量

くりこしプランのデータ容量はプランごとに異なります。

  • くりこしプランS3GB
  • くりこしプランM15GB (2021年4月ご利用分まで10GB+5GB分はセルフチャージ)
  • くりこしプランL25GB (2021年4月ご利用分まで20GB+5GB分はセルフチャージ)

プランMとLの+5GB分(5,500円分)/は月ごとに割引され、チャージはUQポータルアプリから行います。また、それとは別に100MB/220円・500MB/550円の追加チャージも可能です。データ容量がゼロになったらプランSは最大300kbps、プランMとLは最大1Mbpsの通信速度になります。また、他のプランと同様に直近3日間に6GB以上利用した場合、翌日にかけて制限があります。

国内通話料

くりこしプランの国内通話料は、他のプラント同じく22円/30秒です。また、スマホプランと同じように通話オプションが用意されています。(※3)

  • 月の合計通話時間が60分以内月額550円
  • 1回の通話時間が10分以内、回数無制限月額770円
  • 無制限のかけ放題月額1,870円

3一部対象外があり、不正な長時間通話と判断されると、通話を切断する場合や月間744時間を超える通話は有料となる場合がある

料金

くりこしプランの料金です。

  • くりこしプランS月額1,480円
  • くりこしプランM月額2,480円
  • くりこしプランL月額3,480円
  • 契約解除料なし

まとめ

以上が現在「スマホプラン」を利用中の方向けに、UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」をの情報をまとめたものです。データ容量も多く、通常料金も安いため、学割を利用していない方におすすめなプランとなっています。ただし、家族割などの割引を利用している方は、くりこしプラン」の注意点を確認してから検討をしてください。